20代の頃、若い女性をターゲットにした店舗で販売員として働いていました。食べることが大好きで、仕事帰りには毎日のようにコンビニでお菓子とビールを買って帰り、家で毎日飲んで食べていました。

すると数ヶ月後には周りから太ったね、と言われるようになりました。はじめのうちはみんな優しくて、まだ若いしすぐに落ちるよ、と言ってくれていました。しかし私はその言葉に甘えて食欲は加速し、益々太っていきました。そしてある日上司からスタイルの事で注意を受けてしまいました。

私は悔しいやら恥ずかしいやらで、ようやくダイエットを決意しました。

毎日仕事から帰って食べて寝るだけの生活で運動をすることが無かったので、身体を動かしてみようと考えました。本当はジョギングをしようと決めたのですが、やはり急に長時間走る体力もなく、ウォーキングとジョギングを混ぜながら一日一時間毎朝歩くことに決めました。

続けて1ヶ月経っても体重は1キロ落ちるか落ちないか位で、周りからも変化には気づいてもらえませんでした。それでも諦めず継続し、2ヶ月目には3キロ落ちました。あまりにも嬉しかったのともっと痩せたいという気持ちが芽生えさらに1ヶ月続けたら更に3キロ痩せて、トータルで6キロ減に成功しました。

ダイエットはやはり努力が必要です。

楽して痩せるダイエットを今までたくさんしてきました。しかし結果が出たことは一度もありませんでした。これではいけないと思い、楽して痩せるという考えを捨てました。しっかりと運動をして、痩せようと思いジム通いを始めました。

まずは、ジム選びを始めました。お金が安くて家から通いやすいところがいいなと思い今のところに通っています。本気で痩せたいと思っていたので、週に4回くらいは通っていました。少しでいいから継続的な運動を心掛けていました。

まずは、筋力トレーニングをしてから有酸素運動を20分以上行いました。心拍数は120くらいで抑えています。最初の3か月で5キロ近く痩せることができました。しかし、その後は、ほとんど体重変化がありません。

後、2キロ近く痩せたいのですがなかなか落とせません。ジム通いを辞めてしまうとまた太ってしまいそうな気がしてしまいます。そのため継続して通い続けています。もっと負荷をきつくする必要があると思うのですが、なかなかしんどいです。食事制限や今以上の規則正しい生活を心掛ける必要があると思います。

しかしストレスがかかってしまいそうなので、なかなか厳しいです。今で満足するか、もっと高みを目指すかで悩んでいます。

しっかり調べることで健康的にダイエットを

私は学生時代、炭水化物ダイエットをしたことがあります。炭水化物ダイエットとは毎食の食事の際、炭水化物とされる白米、うどん、パスタ、パン、イモ類などを食べないといったダイエット方法です。

友人たちの間で流行っており、なんの知識もないまま約1か月、炭水化物を極力抜いた食生活を送っていました。また炭水化物を抜くだけではなく、食事そのものの量も減らしていました。運動嫌いの私でしたが、当時は本当に痩せたいと考えていたので炭水化物を抜いた食生活と、毎日のランニング、またバイトも同時に行っていました。

しかし、炭水化物を抜いた食生活を送ることで脳にエネルギーがいかないためか、ボーっとする時間が増えました。また食事の量を減らし、運動量を多くしたため疲労がたまり、体調を崩すときもありました。学業にも支障をきたすことがありました、

疲れによる睡眠不足、集中力の欠如など、このままでは日常生活に支障がきたすのと、やはり育ちざかりの学生だったため空腹に耐えられず、本来の食生活に戻すことにしました。炭水化物ダイエットと、運動量を増やした結果、体重を減らすことはできました。また外見も少し痩せたようには見えました。

しかし、その間は日常生活に支障をきたしていたので、ダイエットを行う際は、しっかり情報を集めないといけないと感じます。

お腹の ぽっちゃり を取りたい。

鏡に映る自分や、建物のガラスごしに映る自分の姿が、ドラム缶に見えてきたことから、自宅で筋トレやストレッチ、そして食自制を始める ことにしました。
食事は朝6時から食べ始め、お腹いっぱい食べ、お昼は抜きました。代わりに水分で紛らわし、夕方頃、菓子類かデザートを食べて、ストレスを解消しました。

晩ご飯は19時までに済ませ、しっかり食べました。
朝晩しっかり、昼を抜きました。

回転する自宅椅子に座って、ツイスト運動をしました。右、左と交互にひねる を毎日 続けました。

うつ伏せになり、両足を上げ、そのまま開いたり閉じたりして、背筋と腰回りの引締めや、ヒップアップに努めました。

もともと筋肉がつき易い体質だったせいか、2、3週間で体が引き締まり始めましたが、お腹はどんなに頑張ってもひき締まり ませんでした。

そこで腹筋を取り入れました。仰向けになり、足を上げて膝を曲げ伸ばしや、体を横向けにし、片足を上げて前後に振って、側筋も鍛えました。
しかしこれまでの贅肉で、膝や股関節が負担になり、筋トレがかえって体を傷めました。
それからは痛むとこは休めて、痛くないとこを強化するようにして、その時の状況に合わせて行いました。

おかげで2ヶ月後くらいから体が細くなりました。しかし、下腹部の肉は取れませんでした。
続けて半年くらいなりますが、痩せて顔も小さく感じます。ウエストも細っそりになりましたが、下腹部のぽっちゃりには、どれも効果が薄かったです。
どうやったら モデルのようなぺったんこのお腹になるのか、教えて欲しいです。

むくみを解消するだけでスッキリ

女性なら一度は脚を細くしたいと思ったことはあるはずです。
そこで、日頃簡単に行える足痩せの方法をご紹介します。

脚が太い原因の一つにむくみがあります。
元の体型が肥満で脚も太い場合、体型は普通でも足だけ太い場合どちらにも共通する原因です。
そもそも脚は心臓よりも下にあります。

立っていても座っていても、脚が地面に付いていて一番負担がかかる部位であり、つま先が心臓から一番遠い場所にあります。
常に体を支えているので、血流が悪くなりむくみの原因になります。

解消法としては、理論的には脚を心臓より上に上げて流れを良くすればいいわけです。
しかしなかなか難しいのでマッサージをする場合は、つま先から太ももに向かって手でなぞるようにするだけでも効果があります。

お風呂の中で行う場合は、足の裏をマッサージしてから足首→ふくらはぎ→膝周り→太もも→足の付け根の順番に指圧マッサージをします。

毎日続けると1週間くらいで脚が軽くなるのを実感出来ます。
マッサージが面倒という方は、仰向けになり足を天井に向かって上げて、10秒ほどブルブル振るわせます。
寝る前にベッドで行っても良いでしょう。
腰を痛めないように注意してください。

1ヵ月ほど続けるとむくみが無くなり脚がスッキリしますので、それから筋トレやジョギングを行うと効果的です。
もちろん筋トレ後や運動後はマッサージを行って下さい。